Excel

【初期導入】ExcelVBAでChromeを自動操作(スクレイピング)する ~Selenium Basic導入方法 つまづく点も詳しく解説~

 

 

この作業は5分で終えることができます。

ExcelVBAでChromeを使ってスクレイピング(クローリング)するにはSeleniumBasicを使う必要があります。

SeleniumBasicの導入方法は色んなサイトで説明がありますが、実はつまずく箇所があり、このサイトではそのつまずく点についても細かく解説します。

この手順通り進めれば、SeleniumBasicを使って、ExcelVBAからChromeを自動操作することができます。

 

先に注意点をお伝えしておくと

1.GoogleChromeのインストールフォルダが間違っている

2.ChromeDriverのバージョンが間違っている

3..NET Framework3.5をインストールしていない

 

この3点が初心者がつまずきやすい点です。ここができないとSeleniumBasicでChromeが起動できません。

この点について詳しく解説しているサイトは見かけませんので、

本サイトで気を付けながら、SeleniumBasicの導入を進めていきましょう。

 

 

 

GoogleChromeをダウンロードし、インストールする

こちらのサイトにアクセスし、Chromeをダウンロード、インストールします。

既にChromeをインストールしている方は、飛ばしてください。

 

GoogleChromeのインストール先を確認する(つまずきポイント)

GoogleChromeのインストール先が、

C:\Program Files (x86)\Google

になっている場合は問題ありません。

確認方法としては、

C:\Program Files (x86)\Google

内にChromeフォルダがある場合は、C:\Program Files (x86) 内にGoogleChromeがインストールされています。

この状態であれば、問題ありません。

 

無い場合は、C:\Program Files\Google にChromeフォルダがあり、そこにGoogleChromeがインストールされています。

この場合、そのままだとSeleniumBasicを使ってGoogleChromeを起動しようとしてもエラーになりますので、調整が必要になります。

 

とは言っても簡単で、C:\Program Files\GoogleのChromeフォルダをコピーして、C:\Program Files (x86)\Googleのフォルダに貼り付けるだけです。

 

 

これだけで完了です。

なぜこのような確認作業が必要かというと、

2020年6月以降でGoogleChromeのバージョン85以降を初期インストールされている方は、

インストールのフォルダ先が

C:\Program Files

に変更なっています。

従来は

C:\Program Files (x86)

にインストールされており、バージョン85より前からChromeを使っていれば、インストール先はC:\Program Files (x86)のままになっています。

SeleiumBasicは近年アップデートされていないこともあり、GoogleChromeが C:\Program Files (x86) \Google 内にインストールされていないと動作しません。

C:\Program Files\GoogleフォルダにChromeが入っている場合は、SeleniumBasicが認識しないため、C:\Program Files (x86) \GoogleにChromeデータを入れることでSeleniumBasicがChromeを認識できるようになります。

 

※Chromeフォルダはコピーであり、切り取りではない点、ご注意ください。

 

SeleniumBasicをインストールする

SeleniumBasicをインストールします。

 

https://github.com/florentbr/SeleniumBasic/releases/tag/v2.0.9.0 こちらのサイトでSeleniumBasic-2.0.9.0.exeをクリックしダウンロード、インストールします。

 

 

「I accept the agreement」を選択し、「Next」をクリックします。

 

 

「Next」をクリックします。

 

 

下の画像のフォルダの場所を覚えておきましょう。

「C:\Users\(各自のPC設定により異なります)\AppdData\Local\SeleniumBasic」

これを覚えておいてください。次のChromeDriverの更新で使います。

「Install」をクリックします。

 

「Finish」をクリックしてインストール完了です。

 

 

ChromeDriverを設定する(つまずきポイント)

SeleniumBasicにChromeDriverを設定します。

まず、SeleniumBasicのChromeDriverが入っているフォルダを開きます。

フォルダは隠しフォルダになっているので、隠しフォルダが非表示設定になっている場合は、フォルダは表示されませんので、隠しフォルダを表示できる設定にする必要があります。

 

 

隠しフォルダの表示方法

 

スタートメニュー > W > Windowsシステムツール > コントロールパネル をクリックします。

 

表示方法で「小さいアイコン」を選択して、「エクスプローラーのオプション」をクリックします。

 

「表示」タブをクリックし、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックをいれ、OKをクリックします。

 

スタートメニュー > W > Windowsシステムツール >PC をクリックします。

 

続いて、C: > ユーザー > (各自のPC設定により異なります) > AppData > Local > SeleniumBasic

と、フォルダを移動します(フォルダ先は、SeleniumBasicインストール時に覚えておいたフォルダ先です)。

 

ここにchromedriver.exeというファイルがありますが、このファイルが古いため、このままではSeleniumBasicでChromeが動作しません。

そのために適したChromeDriverをダウンロードしてきます。

ChromeDriverのダウンロード先はこちらです。

https://chromedriver.chromium.org/home

 

ChromeDriverは新しすぎても、古すぎてもSeleniumBasicは動作しません。

筆者はVer2.43を利用しています。

Ver2.43のダウンロード先はこちらです。

https://chromedriver.storage.googleapis.com/index.html?path=2.43/

chromedriver win32.zipをクリックしてダウンロードします。

解凍したchromedriver.exeを

C: > ユーザー > (各自のPC設定により異なります) > AppData > Local > SeleniumBasic

フォルダにある既存のchromedriver.exeに上書きして、ChromeDriverを更新します。

 

これでChromeDriverの更新は完了です。

 

.NET Framework 3.5のインストール(つまずきポイント)

これで最後です。

 

スタートメニュー > S > Selenium Basic >StartChrome をクリックします。

 

クリックするとエラーになりますが、同時に.NET Framework3.5のインストール画面が出てきます。

「この機能をダウンロードしてインストールする」をクリックします。

 

インストールが完了したら、もう一度、

スタートメニュー > S > Selenium Basic >StartChrome をクリックします。

 

以下の画面が出れば、SeleniumBasicの動作テストは成功です。

OKボタンでChromeが閉じます。

 

 

次回は、ExcelVBAを使ってChromeでYahoo!Japanを開くついて解説します。

 

 

-Excel

PAGE TOP

Copyright© 副業・起業分析サイト(もしラボ) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.