Excel

ExcelVBAでChromeを操作してみよう(Yahoo!Japanを開いてみる)

※ExcelVBAでChromeを操作するための事前準備はこちらのページをご参照ください。

 

このページではExcelVBA+ChromeでYahoo!を開くまでを説明していきます。

 

Excelの設定からYahoo!を開くまで

 

まず、空のExcelを立ち上げ、開発タブ>Visual Basicをクリックか(Alt+F11)でVisual Basic Editorを立ち上げます。

ツール > 参照設定で、参照設定を開きます。

 

Selenium Type Libraryを探して、チェックを入れて、OKボタンをクリックします。

これでExcelでSeleniumBasicが使えるようになり、Chromeを操作できるようになります。

 

挿入>標準モジュールをクリックします。

 

 

VBAのプログラムを以下のように書いていきます。

 

 コピー用

Sub test()

    Dim driver As ChromeDriver
    
    Set driver = New ChromeDriver
    
    driver.Start
    
    driver.Get "https://www.yahoo.co.jp"
    
    Stop

End Sub


 

こんな感じです。

 

実行(実行ボタンクリックあるいはF5)するとYahoo!が開くかと思います。

 

こんな感じでYahoo!が開きます。

 

 

次回はサイトからデータを取得するをお伝えします。

 

-Excel

PAGE TOP

Copyright© 副業・起業分析サイト(もしラボ) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.